会社概要

 

 

02_img02
02_img01

 

 

 

会社概要

会社名 株式会社 RKKコンピューターサービス
設立 昭和41年7月
資本金 1億円
代表者 代表取締役社長 德冨 裕明
従業員数 455名(男362名、女93名) : 平成29年4月現在
事業内容 コンピューターのシステム設計
ソフトウェアの開発・販売
情報機器販売、入力データ作成
ファシリティマネジメント&コンサルティング

 

 

 

役員

代表取締役会長 山﨑 正幸(非常勤)
代表取締役社長 德冨 裕明
取締役 金子 篤
取締役 舩嶋 昌樹
取締役 明石 和男
取締役 伊藤 精一(非常勤)
取締役 長野 仁志(非常勤)
取締役 福島 教正(非常勤)
取締役 秋岡 廣宣(非常勤)
監査役 手島 啓二(非常勤)
監査役 浅山 弘康(非常勤)
   
   

 

 

 

沿革

当社は、地域社会における情報化の推進を目的として、熊本放送(RKK)を中心とした熊本の経済界をリードする有力企業が結集して昭和41年に設立されました。まだコンピューターが珍しかった時代に、データをお預かりして処理結果をお返しする「情報処理企業」として第一歩を踏みだしました。それ以来、技術や社会の急激な変化に対応しながら、独自の製品とサービスを提供することで「戦略的なプロフェッショナル集団」へと成長して参りました。この間、当社が貢献する「地域」を熊本から全国へと拡げ、都市圏との連係もおこないながら、戦略的な中堅企業となるべく、日夜研鑽に努めています。
今や社会インフラとなったIT(情報技術)を用いて、お客様、ひいては地域社会に貢献できるよう、今後とも前進し続ける所存です。

 

昭和41年7月 資本金1千万円で社名「株式会社熊本電子計算センター」として、熊本市の住友信託ビル内で業務開始
昭和43年7月 資本金を4千万円に増資
昭和46年5月 社名を「株式会社熊本電子計算センター」から、「株式会社RKKコンピューターサービス」に変更
昭和47年3月 現在の九品寺ビル(当時:RKK会館)に本社移転
昭和52年6月 資本金を6千万円に増資
昭和59年4月 福岡営業所(現福岡支店)を開設
昭和59年6月 通産省情報処理サービス業電子計算機システム安全対策実施事務所の認定を受ける
昭和61年 自治体向け「総合行政システム」(オフコン)の自社開発
昭和63年12月 経済産業省システムインテグレーター登録企業に
平成5年 民間市場において金融システムに特化
平成8年 ソフト開発が経営の柱に
平成8年4月 金融分野の東日本の拠点として「東京事務所」を開設
平成9年10月 金融分野の西日本の拠点として「関西事務所」を開設
平成12年7月 本社ビルを取得
平成13年6月 愛媛サポートセンター開設
平成15年 自治体向け「新総合行政システム」(WEB)の自社開発
平成17年5月 (財)日本情報処理開発協会 プライバシーマーク認定取得
平成18年9月 九電ビジネスソリューションズ株式会社と業務資本提携
平成18年12月 第1別館竣工
平成19年4月 関連会社「RKKCSソフト」を設立
平成19年5月 資本金を1億円に増資
平成19年7月 公共分野の全国展開の拠点として「東京オフィス」(現東京支社)を開設
平成19年9月 ISO9001・ISO14001・ISO27001の認証を全社で取得
平成20年11月 第2別館を取得
トップへ戻る