先輩社員の声

Profile
松永 尭紘
Takahiro Matsunaga
システムエンジニア
2013年4月入社

 

公共情報事業部

システム技術本部

システム企画部

システム企画課

写真1
写真2
写真3
どんな仕事をしているのですか?

地方公共団体で利用されている業務システムの開発・ 適用・保守を行っています。

最近では、番号制度の開始に伴って、「統合宛名システム」と呼ばれる新たなシステムの開発を行っています。皆さんが普段生活している上では知ることのない部分ではありますが、国民生活に直結する重要なシステムだけに「責任」と「それ以上の大きなやりい」を感じます。

仕事のどんなところが好きですか?

システムを自分で作り、さらに喜んでもらえるとき。

当社ではさまざまなシステムをお客様に使用いただいていますが、このシステムは当社で設計から開発まで一貫して行っています。お客様との打ち合わせでは、さまざまなご意見やご要望が出されます。その中で、ベストな機能や手法を考え、それがシステムとして形になったとき、そしてそのシステムをお客様が実際に使用されて喜んでいただいたときに達成感を感じることができます。

この会社を選んだ理由は?

熊本を中心に日本各地に活躍の場がある。

まず当社では、本社のある熊本はもちろん、北は北海道、南は沖縄まで日本各地のお客様にシステムを使用いただいており、全国に活躍の場があるというところです。私は九州出身ということもあり、九州で働きたいと思っていたので、熊本を中心に日本各地に活躍の場があるということに惹かれました。また、中小企業ではあるものの大企業にも負けない競争力があるというのは大きな魅力でした。

後輩にアドバイスをお願いします

まず第一に自分がどういう仕事をやりたいか、どういう仕事にやりがいを感じられるかを考えてみてください。

そしていろいろな会社を知ることです。同じ業種でも、実はやっていることが全く違います。しっかり会社毎の特色や得意としていることを調べることがいいかもしれません。また、働くうえで会社の雰囲気はかなり大事だと思います。この部分は説明会やホームページなどではなかなかわからないと思いますが、インターンシップやOB訪問を積極的に利用していくのもいいかもしれません。

リクナビ2017の特集「世の中にしかけるIT業界」の取材を受けて、いかがでしたか?

取材を受けることはこれまでにない経験だったためにかなり緊張しました。

実際に私が今取り組んでいるプロジェクトについても話しているので、就活をされている皆さんに少しでも「RKKコンピューターサービス」に興味を持ってもらえる機会になればと思います。 また、職場風景の写真からも社内の雰囲気を感じてもらえればと思います。

 

 

 
Profile

堀田 大輔

Daisuke Horita

システムエンジニア
2009年4月入社

 

公共情報事業部

東京支社

システム技術部

システム2課

写真1
写真2
写真3
どんな仕事をしているのですか?

自治体向けシステムのシステム設計から稼働保守。
当社では自治体向けシステムの開発・適用を一貫して自社で行っており、私は主に上流工程の要件定義、基本設計、稼働対応、稼働後の運用保守を対応しています。
要件定義では、まずシステムの運用手法を説明します。実際にシステムをご利用される状況を見据えて、どのようにすればシステムが効果を発揮できるかを協議し、条件や変更点、新機能の追加など必要な要件を固めます。

基本設計では要件定義で詰めた機能を具体化し、画面や帳票を使ってお客様との合意を積み上げていきます。
稼働対応、保守対応では、実際に創り上げたシステムを使っていただきながら、新たな課題や改善点についてお客様と協議し、システムの効果を向上させています。
要件定義から保守までを自治体様毎に一貫して対応しています。

仕事のどんなところが好きですか?

私が手がけた機能によってお客様が喜んでくれた時。
要件定義やシステム運用の中で、「こんなことはできないか?」というご意見がでることがあります。
単に言われたことをやるのではなく、そのご意見の裏にある目的や思いを理解することが大切だと感じています。

よりよい機能にするためにはどうするかを考え、お客様と協議を重ねながら開発・適用を行います。
自分が手がけた機能を使っていただき、「今までより業務の効率が良くなった。非常に助かる。ありがとう。」の声をいただいた時は、「自分が社会に貢献している」という満足感と「今までの苦労が報われた」達成感を感じます。

この会社を選んだ理由は?

自分がイメージする仕事像にマッチしたため。
正直言いますと、文系だったこともあり、就職活動中はIT業界に興味があるわけではなく、バリバリ働ける所ならどこでもいいと思ってました。両親が公務員ということもあり、行政事務のシステム化の話をよく聞かされていたので、その点で当社のような事業を身近に感じたことはありました。
全国展開し始めている実績もあり、面接や先輩社員との懇談での社内の雰囲気が良かったこともあり当社に決めました。

後輩にアドバイスをお願いします

就職活動は人生における一大イベントです。
いかに自分がやりたい仕事につくかも大事だとは思いますが、個人的にはいかに楽しく仕事ができるかだと思います。楽しく仕事をするためには周りの人間、社内の雰囲気が重要です。仕事をしていく上ではつらいことや厳しいことが起きてきます。周りの人間と協力し助け合うことできっと乗り越えられます。

リクナビ2017の特集「文理問わず活躍できるITの仕事」の取材を受けて、いかがでしたか?

やはりIT業界というのは理系のイメージがあると思います。
しかし私と同じようにもともと文系でも、第一線で活躍しているメンバーも多数いると思います。
この取材結果をもとに世の中に文系出身のIT従事者が増えることを期待しています。

 
 
トップへ戻る