AWSと総合行政システム標準準拠・クラウド化推進に関する連携を開始

  • 2022.07.04
  • 企業情報

 当社はアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)と日本国内における自治体向け基幹系パッケージシステム「総合行政システム」の開発、ならびにクラウドサービス利用に関する戦略的連携を開始します。

 

 この連携を通じてAWSから提供される様々な支援プログラムやサービスを活用しながら、国が定める標準仕様に完全準拠し、クラウドに最適化された自治体基幹パッケージシステムを開発し、2024年より順次リリース(=シフト)を開始します。また同時にガバメントクラウドへの移行(=リフト)を積極的に推進し、稼働後の柔軟で安定したサービスの提供を目指します。さらには、ワンストップ申請をはじめ、総合行政システムと連携した様々な住民サービスを自治体のお客様がそのニーズに応じて迅速、柔軟、セキュアかつ低コストでクラウド利用できるよう支援して参ります。

 

 

背景

 

 2021(令和3)年9月1日に施行された「地方公共団体情報システムの標準化に関する法律」により、2026年3月までにすべての自治体の基幹業務システムについては国が定める標準基準に適合した情報システムに移行が予定されています。また、ガバメントクラウドへの移行につきましても努力義務とされています。

 

 現在、300強の自治体にご利用いただいている当社の基幹系パッケージシステム「総合行政システム」の標準仕様への完全準拠、ならびに、クラウドネイティブ化を進めることで、自治体の標準仕様完全準拠システムへのシフトをサポートしていきます。同時に、自治体のお客様が十分なメリットを享受できるよう、自治体の基幹業務システムのガバメントクラウドへのリフトを積極的に推進していきます。

 

 

本連携の狙い

 

1.標準仕様完全準拠かつクラウドネイティブな総合行政システムの開発

 

 2024年までに当社が提供する自治体向け基幹系パッケージシステム「総合行政システム」を、AWSが提供する多岐にわたるマネージドサービスを効果的に用い、標準仕様完全準拠版として開発します。また、クラウドネイティブな設計思想に基づいてサービスを開発することで、テンプレートの利用による品質の標準化や運用の自動化などクラウドサービスの利点を最大限に活用し、迅速、柔軟、かつセキュアでコスト効率の高いサービスを提供します。

 

 

2.デジタル人材育成のさらなる強化

 

 自治体のお客様を担当する当社のシステムエンジニアを対象に専用のAWSトレーニングの提供を受け、クラウドネイティブな開発を進める人材を新たに育成します。これにより、AWSクラウドを活用したシステム開発体制を強化することで、自治体の基幹業務システムに最適なアーキテクチャの設計やフルマネージド化設計を提供します。また、CCoE(Cloud Center of Excellence)を立ち上げることで全社での円滑な連携を推進し、ガバメントクラウドへの基幹業務パッケージシステムの移行を加速します。

 

 

3. 行政サービスの向上に向けて様々なサービスを提供

 

 行政手続きのオンライン化や窓口ソリューション、データの利活用等による業務の効率化、省力化、自動化を実現するサービスを順次提供することを目指します。サービスの提供においてはクラウドサービスの活用により、自治体のお客様にとって利便性の高いサービスをいち早く提供し、継続的に機能を改善していくことを目指します。

 

 

本連携にあたり、両社のコメントは以下のとおりです

 

【RKKCSコメント】

 

 RKKCS 代表取締役社長 
 金子 篤

 

 弊社は今般の自治体システム標準化に対応するために基幹系パッケージシステム「総合行政システム」を全面リニューアルいたします。

 

 新パッケージシステムでは、新たなアーキテクチャを採用し、標準仕様への完全準拠のみならず、今後の自治体DXに対応するあらゆるサービスとのセキュアなAPI連携を実装可能とします。その開発にあたり、この度、AWS様から強力な技術支援をいただけることとなりました。

 

 極めて限られた期間での開発であること、また、基幹業務だけでなく今後の様々なサービスがクラウド提供されていく中で、クラウドサービスのトップランナーであるAWS様からこのようなご支援を頂けることは心強い限りです。

 

 2025年度の標準化へ向けて、AWS様とともに全国自治体のお客様へ最高品質のパッケージシステムをお届けいたします。

 

 

【AWSコメント】

 

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
 執行役員 パブリックセクター統括本部長
 宇佐見 潮

 

 1966年の創業以来、業界標準に準拠したオープンな技術で、高品質な基幹系パッケージシステムを多くの自治体に提供するRKKCS様とAWSは、自治体のお客様のデジタル変革を最先端のテクノロジーを通じて支援するというビジョンを共有しています。

 

 日本政府が進める自治体の基幹業務の統一・標準化とガバメントクラウドの利用促進は、住民サービスをより良いものとし、デジタル社会の実現に向けた重点計画のビジョンを実現する礎です。AWSは、RKKCS様とともに地域に根付いたデジタル変革の取り組みを支援していきます。

 

トップへ戻る